他の包茎との違いは?手術はどんな感じ?仮性包茎でよくある疑問まとめ

仮性包茎は日本人の男性には多いですが、あまり話題にしにくいことであるため、疑問を持っている人も少なくないはずです。

例えば、仮性包茎の他にも包茎と呼ばれる状態はありますが、他の種類との違いは何なのかという疑問がある人もいるでしょうし、治療する必要があるのかというのも気になる所でしょう。また、治療を手術で行うならどのような方法があるのかも疑問点になると考えられます。

今回は、仮性包茎について多くの人が感じる疑問についてご説明しますので、仮性包茎に悩んでいる場合はどう対応するかを考える手掛かりにしてみてください。

仮性包茎が他の種類と違っている点

陰茎は子供の時には皮が被ったままになっているのが普通で、成長するのに伴って亀頭が露出できるようになっていきます。しかし、人によっては大人になっても普段の状態で亀頭を包皮が覆ったままのことがあり、これを包茎と呼んでいます。
包茎には3種類ありますが、一番多いのが仮性包茎、その他に知られているのは真性包茎とカントン型包茎というタイプです。

この3種類の違いについて説明しますと、仮性包茎は普通にしている状態では亀頭を包皮が覆っていますが、割と簡単に皮をむいて亀頭を露出させられるのが特徴です。一方、常に包皮が亀頭に被った状態になっており、包皮口が亀頭よりも狭いことによって露出することが困難なタイプが真性包茎と呼ばれています。カントン型包茎というのは、真性よりは包皮口が広いですが仮性よりは狭くなっていて、両者の間のような状態です。

この3種類を比べてみると、仮性包茎が他の包茎と違っているのは、痛みを伴わずに比較的楽に亀頭を露出させられるという点です。そのため、包皮の状態によって程度の差はありますが、仮性包茎の人はセックスも問題なくできることが多いのが他の2種類の人との違いになります。真性包茎とカントン型包茎は早めに手術することを勧める医師が多いですが、仮性包茎の人は状態によっては手術しなくても良いという場合もあります。

仮性包茎は放置していても構わないのか

現在、仮性包茎であることに悩んでいる人の多くは、このままの状態で放っておいても良いのかという疑問を持っているのではないでしょうか。
仮性包茎は病気ではないため、手術をしないという選択肢もあるとは言えます。しかし、そのままにしておくとデメリットもあるので、それらを考慮して困ると思うのなら手術の利用を考えた方が良いでしょう。

仮性包茎のままでいることで考えられるデメリットには、まず、見た目の問題があります。包皮が被ったままの陰茎は女性に好まれないと思っている男性は多く、温泉などに行った時にも他人の目が気になるなど、コンプレックスになっている場合は積極的に行動できないといった悩みにつながることがあるので問題です。

その他には仮性包茎だと、包皮が常に被っていることで亀頭との間に恥垢が溜まりやすいという問題点があり、不衛生になりやすいのもデメリットです。ここに恥垢が溜まっていると悪臭が気になることもありますし、不衛生になることが原因で亀頭包皮炎などを起こしやすくなる恐れもあります。それから、仮性包茎でも普通にセックスができる人が多いですが、包皮の状態によってはコンドームがずれやすいといった問題を感じることがあるため、そのような人は包茎手術を行っているクリニックで相談してみるのがおすすめです。

仮性包茎の手術はどんな方法で行われるのか

仮性包茎の疑問では、手術はどのようにするものなのか、手術時に痛みはあるのかといったことが気になる人も多いでしょう。仮性包茎の手術は形成外科や泌尿器科、男性向けの治療を行っている美容クリニックなどで利用可能です。この手術は自費診療になるため、治療費は多少かかりますが、見た目のコンプレックスを解消したい人やデリケートな部分を清潔にしておきたい人には受ける価値がある手術と言えます。

仮性包茎の手術方法は、メスで余っている部分の包皮を切除し縫い合わせる方法と、メスを使わずに皮を手術用の糸で塗う方法があります。後者は比較的軽症の人に向いている方法と言われており、状態によっては利用できないこともあるため、信頼できるクリニックで自分の陰茎の状態を見てもらい、最適な手術法を選ぶのがおすすめです。

仮性包茎の手術は、多くのクリニックで日帰りで受けられますし手術時間も1時間ほどであることが多いです。手術時には麻酔が施されるため、痛みを感じることはほとんどありません。術後には患部にしばらく腫れやむくみが残る場合がありますが、日が経つに連れて治まっていきます。術後の痛みについても痛み止めなどが処方されるので、心配いらないでしょう。

まとめ

仮性包茎は他の包茎とは違って、急いで手術をしなくても良いという特徴があります。
それでも、見た目が気になるなどの理由で手術をしたい人も少なくないでしょう。そういった人は、仮性包茎の手術ができるクリニックの情報を多く集めて、信頼できそうなクリニックで手術を受けることをおすすめします。

メスを使って行う包茎手術は、切開する部分によって術後に傷跡が目立つ場合と目立たない場合があるため、自然な仕上がりにしてもらいたいならクリニック選びが重要です。いい加減な医師に手術を受けてしまうと、また皮が被ってきた、色の違いが目立つといった不満が出ることもあるので、カウンセリングなどを活用して良い医師を探しましょう。